#author("2016-07-07T08:26:08+00:00","","")
#author("2016-07-07T08:27:22+00:00","","")
以下WEBサイトで説明

ScoutChecker 
基板起こしミス0% 回路図NET自動チェックツール~
http://checker.scoutlabo.com/


** sugaularが本業でScoutCheckerを使っている状況例 [#u40ae2c4]
-- まず、アートワークスタート前に一回通してみる。
-- 回路図CAD上とは違い、ネットを追い掛けるチェックなので、また違った側面からのチェックが行える。
-- アートワーク中も、アートワーク屋さんとの打ち合わせ時に結果HTMLで結線を見ながら話をする。
-- 実装基板が上がってきて、電源投入後、異常がある場合、異常箇所を確認するために結果HTMLの結線情報を見る。
-- FPGAのピンアサイン情報を作るために結果HTMLからFPGAのピンリストを抜き出し~
エクセルに張り、qsfファイル作成に使っている。~
~
正直、回路図CADの絵では、ページをまたぐだけで見づらく成る上に、~
基板間接続を確認するには、何ページもページをめくることになり、結構大変。~
アートワーク前のチェックだけじゃなく、&color(#FF0000){''デバッグ時の基板を跨いだ結線確認に便利です。''};~

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS